女同士で温泉いいもんだ

温泉で垣間見える女性のもうひとつの顔

女同士で温泉に行くと、普段見られなかった相手の姿が見えてくることがあります。

 

いつもは元気で、細かいことなど気にしない、どちらかというと豪快な印象をうける女性が、温泉に行くととても女性的な部分があることに気づくことがあります。

 

終始、タオルで恥ずかしそうに体を隠しながら入ったり、お風呂場の椅子に石鹸をつけて丹念に洗ってから使ったりするなどします。他にも濡れた髪の毛をアップにして、温泉に浸かる姿が妙に色っぽく見えるのも、案外普段は男性的なタイプの女性です。

 

逆に、普段は女性らしさを全面に出しているような方が、脱衣所からタオル片手に堂々と歩いていく姿を見て、イメージが違うなあ、と感じることも多々あります。

 

やはり温泉で洋服を脱ぐと、心もいつもの殻を脱いでしまい、つい気を抜いて本来の自分が出てきてしまうのでしょうか。周りが女性だけ、という点も油断してしまう要因になっているかもしれません。

 

学生時代、サークルにとても美しい先輩がいました。優しくて、おしとやかで、憧れの女性で、一緒に合宿に行けることになった時は、とても嬉しかったものです。

 

夜お風呂から出た先輩と、おしゃべりしながら服に着替えていた時、腿の間にタオルを挟み、おじさんのような仕草でお股を拭く姿を見て、凍りついたことがあります。話に夢中になっている先輩は、気づかずにそのまま服を着て、髪の毛を乾かし始めましたが、私の心臓はバクバク鳴りっぱなしで、動揺を抑えるのに必死になっていました。

 

女同士の温泉、とても危険です。くれぐれも気をつけた方がよろしいようです。

温泉で垣間見える女性のもうひとつの顔関連ページ

女同士で温泉に行くと視線が気になる